CLOVER~難民と共に歩むユース団体~

日本社会の中でも、声なき声を発しながら、懸命に生きている“難民”がいます。  日本の難民問題☆知ろう・伝えよう・繋がろう・行動しよう!筑波大学社会貢献プロジェクトとして活躍中!

CLOVER BLOG 目次

○o。CLOVERのブログへようこそ。o○

 

みなさんは日本にも難民がいることを知っていますか?

彼(女)らは様々な苦しみに直面しています。

私たちCLOVERユースは、様々な現状を「伝える」ためブログを立ち上げました。

 

以下の目次から各コンテンツへどうぞ♪

 

+難民問題について

-難民とは

 

CLOVERについて

-CLOVERとは→CLOVERについて分かりやすくご紹介♪

 

新歓イベント

-今年度は終了しました。たくさんの参加ありがとうございました

 

 

+チーム紹介

CLOVERは多分野にわたる活動が多いので、5つのチームから成り立っています!

----*----*----*----*----*----*

企画・広報チーム紹介 更新中です

♪日本語サポートチーム紹介♪ 更新中です

翻訳チーム紹介 更新中/

 

----*----*----*----*----*----*

 

+今日のつぶやき

twitter リンクへ

+告知

告知一覧へ

 

ミーティング

-報告全覧

 

 

イベントに参加して

-報告全覧

面会して

-報告全覧 更新中で

 

勉強会

報告全覧 更新中です

4月8、22日 ミーティング報告

こんにちは、3年の岳です。

4/8と4/22、2回分のミーティングについて報告させていただきます。(自分が忘れていて更新が遅くなり申し訳ございません!)

 

4/8はついに国際法勉強会が最終回を迎えました。これまでの内容の要点を振り返り、勉強してきたことをもう一度考え直すきっかけになりました。また振り返りとは別に、現在進行形のテーマである入管法の改正についても発表がありました。ただニュースで聞いただけではなく、自分たちで調べること、意見を持つことの重要性を感じました。

法律や制度といった面の視点、そして被収容者の人々に寄り添うという視点。CLOVERはこの2つの視点両方を大事にして今後の活動を模索していきます。

 

4/22のミーティングでは、決定事項がいくつかありました。

まず、国際法及び法律からの視点を常に持つために、CLOVERの中で国際法常設委員会を設置しました。この委員会では、CLOVERが今までに蓄積してきた資料や過去の判例などを基に、難民認定のプロセスや入管における対応の法的根拠など、日本における難民問題を法律の視点から考えます。委員3名、3ヶ月を任期として交代していくシステムなので、1年程度でメンバー全員が委員を経験することになると思います。

また、難民の日に向けてワークショップや講座、SNS企画など様々なイベントのアイデアを出し合いました。これから詳細を詰めていければと思います。このような時に、終始穏やかな雰囲気でありながら活発に意見が出るのはCLOVERのアピールポイントです。

 

新歓もそろそろ後半にさしかかってきましたが、ZOOM新歓への参加やミーティングの見学など、いつでもお待ちしております。ぜひご連絡ください!

4月1日 ミーティング報告

こんにちは!2年のゆきです!


新年度になって初めてのミーティングでしたが、有意義な時間を過ごせたと思います。


4月1日のミーティングでは、国際法勉強会の続きと新歓に向けての準備を行いました。

国際法勉強会では、難民認定がおりた事例と共通点について、そして難民認定が多い国の状況について発表、意見交換を行いました。宗教やジェンダーの観点から見て申請者の置かれた状況が似ているのに、一方は認定され他方は却下される事例があり、疑問が残りました。また、難民の受け入れが多いドイツでは、申請から審査までが迅速なことや判断基準が明文化されていることが分かりました。日本も見習うべき点があるように感じました。

来週のミーティングでも勉強会は行われるので、新たな知識をつけていきたいです。


現在、新歓の準備も進めています!多くの方に興味を持っていただけるよう頑張りたいと思います!

3月18日 ミーティング報告

こんにちは!1年生のかなです。


今日のミーティングでは、先週第2弾が開始した国際法勉強会の第2回目が行われました。今回は、難民申請が認められなかった2つの事例を通して、難民認定の流れにおける問題点について考えました。


難民認定は主観に委ねられる面が大きいことや、審査のための調査が十分になされているのかが分かりづらいというような問題が見えてきました。

その問題を解決するためには、発表にもあったように認定のための画一的な指標を設けるなどの対策が必要なのだと思います。しかし、指標といっても申請する人は一人一人事情が違っており、全員に適用できる具体的な基準を考えるというのが難しいところだと思いました。


また、4月に向けて新歓の準備も始まっています!

CLOVERは、学年学類問わずメンバーを募集しています。少しでも興味を持った方は、各種SNSで活動の様子を更新しているのでぜひ覗いてみてください🍀

3月11日 ミーティング報告

こんにちは!1年のたすくです。


筑波大学では、先日3月12日に後期試験が終わり、間もなく後輩となる新入生が入学してきます。このブログを見てくださっている新入生のみなさま、合格そしてご入学おめでとうございます!!CLOVERで一緒に活動できる日が来るのを、心から楽しみにしています!


さて、3月11日に行われたミーティングから、国際法勉強会が再始動しました!

通算5回目となる今回は、難民申請やそれに関する裁判について、制度の問題点を指摘しながら発表してくれました。難民申請の結果や裁判の判決が出るまでに長期間を要すること、またその間の支援の不足、難民審査参与員制度の透明性、難民申請棄却直後の強制送還など、様々な問題を抱えていることが分かりました。

いくら国を守るための制度とはいえ、難民申請した方の最低限の人権は守る必要があるのではないでしょうか。(個人の意見です。)

これからも国際法に関する知識を深めていき、深い意見を述べられるようになりたいと思います。また、パワポ制作の練習の場としても、勉強会を有意義に活用していきます。


面会活動は、2週間ほど前から再開しています!

久しぶりの面会で緊張することがありますが、感染予防策を講じたうえで、充実した活動ができればと思います!

3月4日 ミーティング報告

こんにちは!1年のほのかです。

3月4日のミーティングでは、広報と面会リストの引き継ぎ、国際法勉強会、そして「やさしい日本語」イベントの振り返りをしました。

広報と面会リストの引き継ぎはスムーズに決定することが出来ました。ずーさん、ももさん今までありがとうございました☺しっかりと引き継いで、頑張りたいと思います💪

国際法勉強会は前回に引き続き4週にわたって行うことが決定しました。前回のみなさんの発表から学んだことを生かして、取り組んでいきたいと思います!

「やさしい日本語」イベントの振り返りでは、自分のグループだけでなく、他のグループの様子を知ることが出来たことで、沢山のことを学ぶことが出来ました。質問の時間やイベント、ワークショップの時間設定、英語版の資料作りなど様々な改善点が見つかっただけでなく、良かったところも共有できたのが良かったです!今回共有した改善点や良かった点を活かせるように、定期的にイベントをしたいと思いました。イベント参加してくださった方本当にありがとうございました☺

これからは面会も再開するので楽しみです!

2月18日 ミーティング報告

こんにちは🍀CLOVER1年のゆうきです!

今回のミーティングは、国際法勉強会と2/20に行われるやさしい日本語オンラインイベントの打ち合わせを行いました!


まずは、国際法の勉強会について。今回は担当のメンバーが、難民法の制度に関わる事例の発表してくれました。被収容者さんの人権が制限されてしまう事例、国ごとの国籍法の違いから、無国籍になってしまう事例などを通して、ルールと現実の折り合いの難しさを感じました。
ルールをきっちりと定めたとき、ルールに当てはまらない人は適切な権利が与えられなくなってしまう恐れがあります。かと言って、ルールに裁量の幅を持たせると、それを行使する人の裁量によって精神的・肉体的に大きなダメージを受けてしまう人が生まれる危険もあるのではないでしょうか?難民として認定されない方々は、逃げた先での暮らしや収容されてしまったときの暮らしの中で、どちらの面においても困難があるように思えました。
難民問題について法的な面についても考えていけるように、これをきっかけに深掘りしたいと感じました。


そして、やさしい日本語のオンラインイベントです。当日の流れについて確認をしました。私にとっては、CLOVERでやる初めてのイベントです。参加してくださった人が気付きや発見を持ち帰れるようなイベントに出来たらと思います!
最後までお読みいただきありがとうございました🙇