CLOVER~難民と共に歩むユース団体~

日本社会の中でも、声なき声を発しながら、懸命に生きている“難民”がいます。  日本の難民問題☆知ろう・伝えよう・繋がろう・行動しよう!筑波大学社会貢献プロジェクトとして活躍中!

CLOVER BLOG 目次

○o。CLOVERのブログへようこそ。o○

 

みなさんは日本にも難民がいることを知っていますか?

彼(女)らは様々な苦しみに直面しています。

私たちCLOVERユースは、様々な現状を「伝える」ためブログを立ち上げました。

 

以下の目次から各コンテンツへどうぞ♪

 

+難民問題について

-難民とは

 

CLOVERについて

-CLOVERとは→CLOVERについて分かりやすくご紹介♪

 

新歓イベント

-今年度は終了しました。たくさんの参加ありがとうございました

 

 

+チーム紹介

CLOVERは多分野にわたる活動が多いので、5つのチームから成り立っています!

----*----*----*----*----*----*

企画・広報チーム紹介 更新中です

♪日本語サポートチーム紹介♪ 更新中です

翻訳チーム紹介 更新中/

 

----*----*----*----*----*----*

 

+今日のつぶやき

twitter リンクへ

+告知

告知一覧へ

 

ミーティング

-報告全覧

 

 

イベントに参加して

-報告全覧

面会して

-報告全覧 更新中で

 

勉強会

報告全覧 更新中です

7月8日(月) ミーティング報告

みなさん、こんにちは!大学2年の呉です。
今週の月曜日に7月に入って初めてのCLOVERミーティングがありました。いつも通り、各チームの報告をして、今年度から始めた、難民についての勉強会をしました。今回は、2年のちはるが長期収容についてのプレゼンをしてくれました。私自身、先日の牛久市の東日本入国管理センターでハンストを行っているという報道が頭にあったので、入管の仕組みについて知ることは同時に収容者の方を知ることに繋がると思いました。同時に、難しい話題でもあったと思います。入国管理庁の施設に長期間(6か月以上)収容される人数が2016年末から2018年7月末までで増加しており、収容外国人全体に占める長期収容者の割合も2倍以上と、非常に増加しているそうです。私の想像以上の増加で驚きました。また、そもそも収容は退去強制という行政措置の前段階、準備段階となっていますが、その一方で退去強制決定後の収容に関しては法定に上限期間はありません。そこが非常に曖昧であるけれど、曖昧にならざるを得ない状況になっているのではないかと思いました。今回の発表で、普段面会でお会いしている方の直面している状況を知ることができたと感じましたが、その状況の対処の困難さを改めて感じました。まだまだ、入管について知らないことばかりなので発表や自分で調べて、もっと知っていきたいと思います。

 そして!CLOVERの中央図書館展示の準備もただいま着実に進んでおります!昨年も図書館展示を行いましたが、今年もみなさんと一緒に難民について考えられるような展示にしていこうと思っています。ポスターも完成したので、ぜひご覧になってください!

6/12 面会報告

初めまして!社会学類1年のもえです!
期間は空いてしまいましたが、先日初めての面会に行ってきました。

ボランティア活動をしたいと思い、CLOVERに加入した私ですが、収容者さんと面会をするだけで力になれるのだろうか…と最初は不安でした。しかし、いざ面会をしてみると、今回はCLOVERでの面会は初めてのトルコ出身の方でしたが、大変喜んでくださり、安心しました。辛い環境から出られる面会の時間が、収容者さんにとっていかに大切なものかを知りました。
そして、実際に面会に行くことで、難民の問題をより身近に感じると同時に、取り組んでいかなければならない課題であることを実感しました。

面会の時間は楽しく、家族の話や勉強の話などをして、あっという間の30分間でした。とても優しい方で、なぜか私の方が元気をもらった気がしています、、

これからも積極的に面会活動に取り組んでいこうと決心した初面会でした!

6/17 ミーティング報告

こんにちは。クローバーメンバーで大学3年生の末満です!
今週の月曜日にクローバーの定期ミーティングがありました。
各チームの活動共有を終え、クローバーメンバー2年生のあやちゃんがオーストラリアの難民事情についてのプレゼンをしてくれました。
オーストラリアでは多くのビザが開設されており、多文化主義国家として日本よりも移民や難民への門戸が開かれている国だというイメージをあやちゃんは持っていたそうですが、実際に調べてみると反難民色が強いことがわかったそうです。また、発表の中で、オーストラリアには日本の東日本入国管理センター(以後、入管)のような収容施設が国内ではなく太平洋の島にあるということ、またその施設の環境が非常に劣悪であることを説明してくれました。日本の入管の環境の悪さも最近取り上げられることが増えましたが、オーストラリアも同じであることを知り、外国人への対応の悪さを感じました。
あやちゃんの発表を通して、オーストラリアのように難民認定率が高いイメージがある国でも、実際には違っていたりすることがあることがわかり、他国の難民政策を調査することの重要性を改めて感じました。また、本日の発表を聞いて、なぜ難民認定率が高い国と低い国があるのか、その違いについて興味をもったので今後調べてみようと思います。
またその内容も共有できたらと思います。

それでは次回もお楽しみに!

6/10 面会報告

看護2年のあやです!
昨年度1年間色々と忙しく、Cloverの代表的活動の面会に行けていなかったのですが、最近ついに面会に行ってきました!
私の個人的な面会のイメージは、施設の雰囲気が暗くて、対応してくれる方も素っ気なく、面会の雰囲気も暗い、落ち込んだイメージがありました。
施設の雰囲気自体はそんな明るくものではありませんが、面会は私が想像していたよりも明るく、楽しいものでした。
団体代表のともこさんは、面会する被収容者の方や、一緒に面会する団体メンバーによって面会の雰囲気は変わる、自分の面会の持っていき方によって雰囲気は大きく変わるとおっしゃっていました。
せっかくの被収容者さんとお話し出来る貴重な機会、被収容者の方に楽しく、有意義な時間を過ごしていただけるように、自分なりの雰囲気のある面会をしていきたいと思います。

6/10 ミーティング報告

こんにちは!2年のあやです!
今日のMTでは、チームごとのMT進捗状況の報告をしたり、今後の企画の準備日程などを決めました!
そのあとはメインイベント!勉強会!ビザや在留資格について勉強しました。今後の活動に活かせる知識が盛りだくさんでありがたかったです:)

6/3 ミーティング報告

こんにちは、2年のちなつです!
今日は6月最初のミーティングを行いました!
企画と雙峰祭の出店の報告の後、メインイベントでは難民についての勉強会をしました。
勉強会では知らないことの方が多く、勉強不足だなと感じたと同時に、日本の難民認定制度の複雑さや、ビザ制度の仕組みなど色々なことを知りたいと思えたので、勉強会に参加できてよかったです。去年は面会にほとんど行けなかったので、今年はなるべく行って少しでも難民のことを知れたらと思います。
報告は以上です~!